◆造幣局へ行こう!を読んで… 
(西区・加藤慶子さん)

 造幣局へは私、2回訪ねており、記事を読んで見学したときの様子を再確認しています。昨年10月「おいしいものを食べる会」という女子会16名が、さいたま新都心駅に集合、和食の店で昼食後造幣局へ向かいました。前もってガイドさんを予約していましたので、全館を案内してもらうことが出来、大変有意義な1時間30分でした。「武州路」7月号を持参で見学されることをお奨めします
♣2回も行かれたのですか?まもなく令和記念貨幣やオリンピック記念硬貨なども出るのでしょう。元手がいるけど… (バラ猫)
 

◆造幣局へ行こう!を読んで2… 
(浦和区・小野敏子さん)

 さっそく造幣局へ行ってきました。いつも新都心のコクーンへ行くとき前を通っていたし、一度行こうと思っていました。見たこともない昔のお金や勲章など、記念貨幣の県別では岩手県が一番で、埼玉県は渋沢栄一と時の鐘(川越)のデザインでした。とても良かったです。体験コーナーではそれぞれの袋を持ち上げてとても楽しかったです。土曜日だったので工場は見学出来ませんでしたので、近いのでまた行ってみようと思いました。
♣千両箱を軽々と持ち上げる時代劇のシーンは嘘ですよね。持ち上がらなかったです。(軽猫)
 

◆造幣局へ行こう!を読んで3… 
(緑区・磯貝満智さん)

 市内に造幣局があって、無料で見学出来るとは知りませんでした。勲章なんて縁のないものですが展示されているのですね。
♣はい、一度お出かけ下さい。貨幣の模様をほどこしたお土産などもたくさんあって楽しいですよ。(小判猫)
 

◆明るい日々を… 
(南区・大野弘子さん)

 平成から令和へ社会もめまぐるしく変化しています。車の事故、老人のこと子どものこと、色々ありました。ニュースの事欠かない日々です。後半の半年は明るく前向きになれるニュースが多いことを、また自然災害の少ないことも願っています。
♣本当ですね。今月号の特集で訪れた神社仏閣では平和な日々でありますようにと祈ってきました。(祈る猫)
       

◆刺し子の布巾を… 
(北区・田島正江さん)

 晒しに赤・青の糸で針目七、八ミリの円つなぎのようにして模様が出来ている布巾を、ディサービスの先輩96歳の方から頂きました。心身ともにお元気な方です。婦人画報のページの吉沢久子さんの写真を見て「私は若い頃からこの人が好きでよく本を読んだけれど、晩年には『年を取ったら手元に取りやすいように置いておくのがいい。例えば刻み昆布とかすり胡麻とか立って持ってこようとなると、つい食べずに過ごしてしまう』」と、この先輩はこの言葉に共感して「お盆の上に色々の物を乗せておくのにちょっときれいな布巾を掛けておくといいでしょ!」と言って下さったのです。まさに私はこたつの上が食卓兼書斎兼という事で、色々な物を置いておくので、早速この布巾を掛けて一角の明るさを楽しんでいます。
♣刺し子の布巾でしょうか。真っ白な布に丸形や麻の葉、囲い線など刺してあるのを見ると清潔感あり素敵ですよね。手先の器用な方は憧れます。(老眼猫)
 

◆両親と一緒に… 
(横浜市・横山智子さん)

 埼玉の実家に行ったときに目にしました。地元の情報がたくさんあって楽しかったです。たまには両親と一緒に出かけてみようかと思いました。
♣ご両親様はどれほど嬉しいことか。小さな散歩道を歩くだけでも、心に思い出として残ることでしょう。(お手猫)
 

◆版画を作りました…
(東秩父村・吉野節子さん)

 武州路いつも楽しみに読ませて頂いてます。写壇の「城趾のあやめ」素敵な作品ですね。私も版画で花ショーブを多色で制作しました。お花だけでなく後方の風景も入って、このようなとらえ方もあるのだなぁと見入ってしまいました。先日、うらわ美術館に行ってきました。「岸田劉生と木村荘八の素描でした。素晴らしいデッサン力を見てきました。何気ない生活の中の動きや子どもたちの成長を描くということ、数の多さにもビックリしました。 
♣「城趾のあやめ」は菖蒲町(現・久喜市)にある菖蒲城趾だと思います。旧・菖蒲町役場から10分少し歩いたところにあります。来年の花の時期にいかがですか?(勝負猫)
 

◆ポーランドへ行ってきました… 
(秩父市・小鹿原澄子さん)

 「シンドラーリスト」の映画を見て、先日一度は行ってみたいと思っていたポーランドに行ってきました。ホロコーストの象徴、人間が犯した最悪の大量虐殺、負の遺産のアウシュビッツ、ビルケナウの強制収容所を見学しました。当日は小雨の降る肌寒い日でしたが世界各地からたくさんの人々が訪れていました。年間を通して日々混み合っているとのこと。映画と現実が重なって現地のガイドの説明に胸が締め付けられる思いがしました。ポーランドは今年で日本国交100周年、また芸術面ではレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年、そして音楽家のショパンは生誕200年とか。旅の最終日は私の誕生日。ショパンピアノコンサート鑑賞で最高の思い出となりました。
♣ステキ!行ってみたかった…でも戦争の爪痕がまだまだあるのですね。ネコはただショパンの生まれた場所でショパンの雰囲気を味わいたいだけです。きちんと歴史を知ってから行かないとダメですね。(黒鍵猫)
 

◆マス目がうまらない… 
(川口市・小柳洋子さん)

 今回のクロスワードパズル、答えはわかっているのにマス目が埋まらなくて出来ませんでした。今まではその日出来ずとも数日してあっという間に出来あがるのに…。こんなことはじめてです。脳が衰えてしまったのか、春夏を忘れ冬になってしまったのかも…。この年、どんな夏が待ち受けているのか…。編集部の皆様、お身体を労りつつお仕事に励んで下さいね。毎月楽しみにしております。
♣ありがとうございます。7月号のクロスワードは少し難解でした。衰えたわけではありません!ぜひこれからも挑戦して下さい。(ハチマキ猫)
 

◆卓球の目標は… 
(鶴ヶ島市・中尾美知穂さん)

 週二回、卓球を楽しんでいます。卓球教室のお試しがご縁ではじめて丸四年が経ちました。練習は午前中なので参加者のほとんどがシルバー世代。その中で特に紹介したい方がYさん。最年長の八十八歳です。卓球を始めたのが八十少し前というのも驚きです。抜群のセンスと運動神経の持ち主で、お上手なんです。五十年以上楽しまれている社交ダンスの賜でしょう。練習はほぼ欠かさず、暑さ・寒さも何のその雨の日もへっちゃら。カッパを着て自転車でやってきます。知的で優しいお兄様、私たちの目標です。
♣すごい!お元気の元を頂きたい!(古代猫)
 

◆ニックネームはカエル… 
(寄居町・柴崎計子さん)

 高校時代に付けられたニックネームは「カエル」。コルゲンコーワのカエルの指人形を肌身離さず持っていて、ある日の体育の時間にポケットから落ちてしまってからそう呼ばれるようになってしまった。つい最近、コルゲンコーワのカエルについて検索してみたところ、1949年誕生とのこと。なんと私と同い年ではないか。ということは今年古稀?先日、七人兄妹「いずみ会」のお祝いの席で「小さなカエル」という歌を歌った。コーワのカエルもおめでとう!
♣おめでとう!!(紅白猫)