読者プレゼント

小林古径《白華小禽》1935年(昭和10年)


奥村土牛《木蓮》1948年(昭和23年)

花 Flower 華

〜四季を彩る〜


  美しく咲き誇る花々は、古くから日本人の心を魅了してきました。花は春夏秋冬さまざまに題材として愛好され、現在でも描き継がれています。
 山種美術館では、春爛漫のこの季節に四季の花をテーマにした花の絵画の優品を紹介します。
 江戸時代から近代・現代までの作品約60点を展示し、四季折々の花で描かれた満開となった山種美術館で、百花繚乱の世界をお楽しみください。
 

展覧会の見どころ

1 花の絵画で会場が満開に!
2 描かれた花の魅力を読み解きます。
3 「花と人」の作品にご注目!
 
講演会:『饒舌館長「四季の花琳派の傑作」口演す』
講 師:河野元昭氏
   (静嘉堂文庫美術館館長、東京大学名誉教授、公益財団法人山種美術財団理事)
日 時:427()14:0015:30
会 場:國學院大學 院友会館(渋谷区東4-12-8)
主 催:山種美術館(問合せ︎=03-5777-8600(ハローダイヤル)
定 員:200名(要事前申込・先着順)
費 用:無料但し、本展入場券または半券が必要。当日会場購入も可能。
   [申込方法]FAX・インターネット・往復ハガキ・館内等で受け付けます。
 
会  場/山種美術館(〒150-0012渋谷区広尾3-12-36
      URL  http://www.yamatane-museum.jp/ 
会  期/46()62() 10時~17   月曜休館
    入館は閉館30分前まで。※4/29,4/30,5/6は開館,5/7休館。
観覧料/一般1200円/大高生900円/中学生以下無料
    きもの割引会期中、きものでご来館の方は割引あり。
せ︎/03-5777-8600(ハローダイヤル
 

読者プレゼント

「山種美術館」入館券を510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪3−2−1 月刊武州路 山種美術館 係

重要文化財《古備前高綱太刀》鎌倉時代(12〜13世紀)
及び 附《朱塗鞘打刀拵》桃山時代(16世紀)

日本刀の華 備前刀


 日本刀の主要製作国(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前の地(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安以来優れた刀工を輩出したことから「刀剣王国」と称されています。
 静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・など各派による作風の展開をたどっていきます。
 庭園散歩をしながらゆっくりした時間をお過ごしください。
 
会 場/静嘉堂文庫美術館 (世田谷区岡本2-23-1)
会 期/413()62()  
休館日/月曜日(ただし4/295/6は開館) 5/7()
時 間/10時~1630入館は閉館30分前まで。
観覧料/一般1000円/大高生700円/中学生以下無料
 
 

読者プレゼント

「静嘉堂文庫美術館」入館券を5組1 0名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 静嘉堂文庫美術館   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

《入目籠形ボンボニエール》大正天皇即位礼 大正4(1915)年 学習院大学史料館(通期)

華ひらく皇室文化

〜明治宮殿を彩る技と美〜


 明治時代、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて外国使臣をもてなしました。宮中晩餐会の食器やドレス、ボンボニエールなど華やかな宮廷文化とともに、美術界の最高の栄誉とされた帝室技芸員の作品を紹介します。明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美をご覧下さい。(展示替えあり)
 
会 場/泉屋博古館 分館(六本木1-5-1)
  期/3月16日(土)~5月10日(金)
    前期:3/16~4/14 後期:4/17~5/10  
時 間/10時~17時(入館は閉館の30分前迄)
休館日/毎週月曜・4/16  ※但し4/29、5/6は開館。翌日閉館 
  金/一般800円、大高生600円、中学生以下無料
問合せ/ハローダイヤル  ☎︎03-5777-8600
 
 

読者プレゼント

「山種美術館」入館券を5組1 0名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 山種美術館   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

ギュスターヴ・モロー《一角獣》1885年頃 ギュスターヴ・モロー美術館蔵 
Photo RMN-Grand Palais/Christian Jean/distributed by AMF

ギュスターヴ・モロー展

〜サロメと宿命の女たち〜


 
 14年ぶりにギュスターヴ・モロー美術館蔵から名作の数々を一挙公開!フランス象徴主義を代表する画家ギュスターヴ・モロー(1826-1898)の女性をテーマにした作品を一堂に集め、身近な女性からファム・ファタル(宿命の女)まで、多様な女性像を紹介し、新たな切り口でモローの芸術の魅力に迫ります。
 
◇学芸員によるギャラリートーク
  1月20日(日)、2月8日(金)各午後2時
 
会 場/パナソニック 汐留ミュージアム(新橋)
 期/46()623() 水曜休館
     10001800(入館は17:30まで) 
入館料/大人1000円/65歳以上900円/大学生700円/中高生500円/小学生以下無料
電 話/ハローダイヤル03-5777-8600
 
 

読者プレゼント

「ギュスターブ・モロー展」入館券を5組1 0名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ギュスターブ・モロー展   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

いわさきちひろ《バラと少女》1966年 

ちひろのキッズファッション

~ちひろ美術館×文化服装学院 共同企画〜
 
 美しい色調やモダンなデザイン、いかにも着心地のよさそうな服を着ている子どもたちが登場するいわさきちひろの絵。
 文化服装学院との共同企画として、ちひろの絵からイメージを広げて制作された子ども服やデザイン画もあわせて展示。
 花咲く春、ちひろ美術館・東京でクリエイティビティに溢れた学生たちの想像力をお楽しみください。
 
会 場/ちひろ美術館(練馬区) 03-3995-0612     
  期/31(金)~56(月・祝) 10:0017:00
入場料/大人800円/高校生以下無料 月曜休館
       祝・休日は開館、翌平日休館、GW期間は無休
 
 

読者プレゼント

「ちひろ美術館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ちひろ美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印