読者プレゼント

《眠る二人の子供》1612-13年頃 油彩・カンヴァス 東京・国立西洋美術館 
 二人の子供は早世した兄フィリプスの子供たちと考えられている。幼いふたりに対する愛情が感じ取れる作品。もっともこの絵は大きな作品を制作する際の見本とするために描かれたものであり、同じ頭部が天使や幼児イエスとして登場する作品がある。


 

《キリスト哀悼》1603年 油彩・カンヴァス ローマ、ボルゲーゼ美術館
十字架から降ろしたキリストを埋葬する前、その遺体のまわりに聖母らが集まり、悲しむ場面。石棺のうえにキリストが載せられているのは埋葬をほのめかすと同時に、ミサの際に祭壇で聖別されたパンとぶどう酒が、キリストの肉と血に変化することを象徴している。

ルーベンス展

〜バロックの誕生〜


過去最大規模のルーベンス展が日本で!!

 
 本展ではルーベンスの作品とバロックの芸術家たちの作品を紹介します。名作アニメとして親しまれている「フランダースの犬」(この秋TBSで再放送)の最終回、アントウェルペンの聖母大聖堂のルーベンスの大作《キリスト昇架》の前でネロとパトラッシュが天に召されていくシーンは深い感動をおぼえたものでした。
 
本邦初公開含むルーベンス作品約40点が10カ国より集結!
※3メートル級の大作・祭壇画が一堂に並ぶ、圧巻の展示構成!
アントワープ聖母大聖堂の祭壇画をほぼ原寸大”4Kで再現!!
女優・長澤まさみさんが音声ガイドに初挑戦!
ベルギー「ヴィタメール」とのコラボで限定オリジナルパッケージ商品が販売!
 
会 場/国立西洋美術館(上野公園)
会 期/1016()2019120() 930分~
    1730金曜・土曜日は20時まで。ただし11/171730分まで)     
    入館は閉館30分前まで。
休館日/月曜休館(但し12/241/14は開館)12/281/11/15         
観覧料/一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下無料 
問合せ︎/03-5777-8600 ハローダイヤル
 
 

読者プレゼント

「ルーベンス展」招待券を5組1 0名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ルーベンス展   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

《虎卣》商時代後期 泉屋博古館

神々のやどる器

〜中国 青銅器の文様〜


  中華文明を代表する存在である中国青銅器。中国青銅器の文様に焦点をあて、古代中国の工人たちの卓越した技と、それによって表された古代の精神世界を探求する。世界的にも名高い住友コレクションの数々の名品を紹介します。
 

【ギャラリートーク】

 11/1712/8/15(各土曜)15:0016:00

【ランチタイム・ショートギャラリートーク】

 11/2212/6/13(各木曜)12:1512:45
 
会 場/泉屋博古館分館 (六本木一丁目)
会 期/1117()1224(月・祝)
休館日/月曜日 ※12/24は開館 
時 間/10時~17
    ※入館は閉館30分前まで。
観覧料/一般800円 大高生600円/
    ※中学生以下無料
    障がい者手帳ご呈示の方、及び付添人1名無料
 

読者プレゼント

「泉屋博古館分館」入館券を510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪3−2−1 月刊武州路 泉屋博古館分館 係

いわさきちひろ《箱に入った少女》「あかちゃんのくるひ」(至光社)より 1969年

いわさきちひろ生誕100年「Life展」

~作家で 母でつくる そだてる 長島由里枝〜
 
 写真や文章、インスタレーション作品を制作する長島有里枝がちひろの絵とともに構成するインスタレーション作品を展示など。過去から未来に向けて、ふたりの想いが交錯しあう空間をお楽しみ下さい!
 
【関連イベント】
《鼎談》11/25()15:00~要申込 50
《わらべうたあそび》12/1()11:0011:40
《ちひろの水彩技法体験ワークショップ》1/2()/3()10:30~各80名当日受付
《感謝デー》(ちひろ100歳の誕生日)12/15()入館無料、楽しいイベントも。
 
会 場/ちひろ美術館・東京 (練馬区下石神井)
会 期/113()131()
休館日/月曜日、12/281/1 
      祝休日は開館、翌平日休館
時 間/10時~17  入館は閉館30分前まで 
入館料/一般800円、高校生以下無料。 
 

読者プレゼント

「ちひろ美術館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ちひろ美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印