読者プレゼント

カール・ラーション《かくれんぼう 》1901年 リトグラフ  カール・ラーション・ゴーデン ©Carl Larsson~garden


リッラ・ヒュットネース(現・カール・ラーション・ゴーデン)の食堂 ©Carl Larsson~garden

カール・ラーション展

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念


 〜スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家〜 

 
日々を美しく。
理想を生きた手づくりの暮らし。
 家族をモティーフにした温かい作品で知られるスウェーデンの画家カール・ラーション(1853-1919)の展覧会を1994年以来24年ぶりの回顧展として開催します。スウェーデン人の心の故郷ともいわれるダーラナ地方に伝統的な家、通称「リッラ・ヒュットネース」を入手したカールは、妻とともに理想の家に改装し、その牧歌的な暮らしぶりを画集にして出版しました。本展では、油彩画、水彩画、リトグラフ、エッチングなどの絵画約50点をはじめ、夫妻がデザインした家具や日本美術のコレクション、画家であった妻カーリンのテキスタイルなど、日本初公開作品を含む品々約100点によって、世界を魅了した家族のライフスタイルに迫ります。
 
会  場/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿)
会  期/922()1224() 10時~18
    入館は閉館30分前まで。
休館日/月曜休館 (但し9/2410/1/812/24は開館)。         
観覧料/一般1300円/高大生900円/65歳以上1100
    ※中学生以下、障害者手帳ご提示の方(付添1名含む)は無料 
問合せ/03-5777-8600(ハローダイヤル)
 
 

読者プレゼント

「カール・ラーション展」招待券を 5組1 0名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。締め切りは9月28日(金)
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 カール・ラーション展   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

特別展 狩野芳崖と四天王

近代日本画、もうひとつの水脈
■美術館で納涼!!
 
 “近代日本画の父”と称される狩野芳崖には4人の高弟「岡倉秋水・岡不崩・高屋肖哲・本多天城」がいた。彼らは芳崖の最晩年に師事し、芳崖の絶筆となる「悲母観音図」の制作を間近で目撃している。芳崖四天王と称され、一目置かれる存在だった。本展では四天王に注目した初めての展覧会となり、多数の新出作品から知られざる四天王の人と画業を紹介するもの。同時に同時期の日本美術院の名品も合わせて紹介する。(展示替えあり)
 
会 場/泉屋博古館分館 (六本木一丁目)
会 期/9月15日(土)~10月28日(日)
    ※前期  9/15(土)~10/8(月・祝)
    ※後期 10/10(水)~10/28(日)
休館日/月曜日 ※9/17、/24、10/8は開館、翌日休館 
時 間/10時~17時 ※入館は閉館30分前まで。
観覧料/一般800円/大高生600円/※中学生以下無料
 

読者プレゼント

「泉屋博古館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 泉屋博古館   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

フィンセント・ファン・ゴッホ《道路工夫》 1889年 油彩・カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

フィリップス・コレクション展

 


 
 米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションは、裕福な実業化の家庭に生まれ、高い見識を持つコレクターであったダンカン・フィリップス(1886-1966)の旧私邸だった場所にあり、今年創設100周年を迎える。この世界有数の近代コレクションの中から、19世紀の巨匠から印象派以降の名品秀作75点を紹介する。
 
会 場/三菱一号館美術館(東京駅丸の内南口徒歩5分)
  期/10月17日(水)~2019・2月11日(月・祝)
    10時~18時(金曜、第2水曜、会期最終週平日21時迄、入館は閉館の30分前迄)
休館日/毎週月曜  ※但し祝日の場合と10/29、11/26,1/28は開館 
  金/一般1700円、大高生1000円、小中学生500円 
問合せ/ハローダイヤル  ☎︎03-5777-8600
 

読者プレゼント

「フィリップ・コレクション展」招待券を 5組10名様にプレゼント。
 応募方法/官製はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記して本誌編集部までお申し込みください。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 フィリップ・コレクション展   
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

奥村土牛《城》1955(昭和30)年 紙本・彩色  山種美術館 

日本画の挑戦者たち

大観・春草・古径・御舟


 
 近代以降の日本画壇において、常に先導的な役割を担ってきた日本美術院。今年、創立120年を迎えることを記念し、日本美術院の画家たちのなかでも特にめざましい活躍をみせた横山大観、菱田春草、小林古径、速水御舟を中心に、同院の活動の軌跡をたどる展覧会を開催します。院展(日本美術院展覧会)出品作が大集合するほか、小林古径《清姫》全8点を一挙公開します。ぜひご覧下さい。
※リピーター割引や、きもの・ゆかた割引(当日きもの・ゆかた着用での入場)などお得なチケット有り。
 
会 場/山種美術館 (渋谷区広尾)
会 期/9月15日(土)~11月11日(日)
休 館/月曜休館※但し9/17、24、10/8は開館、翌日休館
時 間/10時~17時  入館は閉館30分前まで 
入館料/一般1000円、大高生800円 中学生以下無料。
 

読者プレゼント

「山種美術館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 山種美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

フランソワ・ポンポン《シロクマ》1923-33年 群馬県立館林美術館蔵

エキゾティック×モダン

アールデコと異境へのまなざし


 
 フランスに花開いたアール・デコ。アフリカやアジアに取材したダイナミックな絵画、彫刻を含め、30年代美術館、装飾美術館、モビリエ・ナショナルなど、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心とした約85点を紹介します。
 
会 場/東京都庭園美術館
会 期/10月6日(土)~2019・1月14日(月)
入館料/一般1200円/大学生960円/中高生600円/65歳以上600円。
休館日/第2,第4水曜、年末年始。
 

読者プレゼント

「東京都庭園美術館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 東京都庭園美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

いわさきちひろ「 夏の宵の白い花と子ども」1969年

あそぶ plaplax

いわさきちひろ生誕100年「Life展」


 
 いきいきと体を使ってあそんだり、自由な空想をふくらませてあそんだりする子どもたちの姿を、ちひろは数多く描いています。この展覧会では、多様なメディアを使い体験型の作品を展開し続けるアートユニットplaplax(プラプラックス)が「あそぶ」をキーワードに、ちひろとコラボレートして、映像を駆使してちひろの絵の中に入って遊んだり、ちひろの絵本を体で楽しむ参加型の作品を展開し、遊びながら体験する展覧会です。
 
会 期/728()1028()
休館日/月曜休館  ※8/108/20は無休 
入館料/大人800円/高校生以下無料
    年間パスポート   2500
    ※Life展パスポート1000
 

読者プレゼント

「ちひろ美術館」入館券を510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪3−2−1 月刊武州路 ちひろ美術館 係