読者プレゼント

シニュイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》1874年 ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 

ブダペスト展 〜ヨーロッパとハンガリーの美術400年〜


25年ぶりのコレクション展!!
 
 日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリー、両館の所蔵品から、ルネサンスから20世紀初頭まで約400年にわたる西洋美術の名品130点が一堂に会します。
 会場を《ルネサンスから18世紀まで》《19世紀・20世紀初頭》の2部構成で、時代順・テーマ別に作品を展示し分かりやすく紹介します。 
 主な作品はルカス・クラーナハ()《不釣り合いなカップル 老人と若い女》、ティツィアーノ《聖母子と聖パウロ》、シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》ほか、エル・グレコ、クールベ、ルノワール、モネ、そして20世紀初頭の各時代を代表する作家たちの名品が勢揃いします。
 
会 場/国立新美術館(六本木)
会 期/124()316() 10:0018:00
    (毎週金・土は20:00まで・入場は閉館30分前まで)
休館日/毎週火曜日、年末年始12/241/72/12
    ただし211(火・祝)は開館 
料 金/一 1700円/大学生1100円/高校生700円/中学生以下無料 
せ︎/ 03-5777-8600(ハローダイヤル
 
 

読者プレゼント

「ブダペスト展」観覧券を5組10名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ブダペスト展  
締切/12月10日
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

上村松園《庭の雪》1948(昭和23)年 山種美術館蔵

上村松園と美人画の世界


 生涯美人画を描き続けた日本画家・上村松園。松園と親交のあった創立者・山﨑種二は作品を数多く蒐集。
それらの作品と同時代に活躍した鏑木清方、伊東深水、村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの多彩な女性像を紹介します。初春にふさわしいこの展覧会にぜひお出かけ下さい。
 
会 場/山種美術館(渋谷区広尾3-12-36)
会 期/1月3日(金)~3月1日(日) 10時~17時 ※展示替えあり
                  (入館は閉館の30分前迄)
  金/一般1200円、大高生900円、中学生以下無料
休館日/月曜日(ただし1/13、2/24は開館、1/14、2/25は休館)
問合せ/ ☎︎03-5777-8600(ハローダイヤル)
 
 

読者プレゼント

「山種美術館」入館券を5組10名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 山種美術館  
締切/12月10日
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

小松崎邦雄《灯ともし頃》1991年

小松崎邦雄展


〜麗しき日本の海賀を求めて〜
 
 浦和にアトリエを構え、牛、天使、人形、舞妓など時代により画題を変遷させ描いてきた画家・小松崎邦雄。
 NHK教育テレビ「趣味講座・油絵入門」講師や、日本経済新聞に連載された渡辺淳一「化身」の挿絵を担当するなど61年の生涯を精力的に活動。
 小松崎邦雄の学生時代から晩年の作品までを一堂に集め、代表作となる油彩画をはじめ、水彩画、デッサンなど、小松崎邦雄のコレクションとして日本随一を誇るサトエ記念21世紀美術館の収蔵作品を中心にその画業を回顧し紹介します。
 
会 場/サトエ記念21世紀美術館
交 通/
東武伊勢崎線花崎駅南口より徒歩20分、北口よりタクシー5分。加須または久喜ICより8分。
会 期/2020年3月8日(日)まで
時 間/10時~17時(入館は閉館の30分前まで) 
休 館/月曜(1/13、3/24は開館し翌日休館)。
入館料/一般900円/大高生700円 /中小生600円
 

読者プレゼント

「サトエ記念21世紀美術館」入館券を5組10名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 サトエ記念21世紀美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年 スウェーデン国立美術館蔵 Nationalmuseum,Stockholm Photo:Nationalmuseum

ハマスホイとデンマーク絵画


 身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内—限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。2008年の国立西洋美術館での展覧会以来12年ぶりとなる本展では、日本で初めての本格的な紹介となる19世紀デンマークの名画とともに、ハマスホイの珠玉の名品約40点を展観します。
 
会 場/東京都美術館(上野公園)
会 期/1月21日(火)~3月26日(木)
時 間/9:30~17:30、金曜日、2/19、3/18は20:00まで。 (入室は閉室30分前まで)
休室日/月曜日、2月25日(ただし2/23、3/24は開館)    
観覧料/一般1600円/大・専門生1300円/高校生800円/ 65歳以上1000円
問合せ/ハローダイヤル03-5777-8600
 
 

読者プレゼント

「東京都美術館」入館券を5組10名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。締切は1月20日
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 東京都美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

重要文化財「白磁刻花蓮花文輪花鉢」定窯 北宋〜金時代(12世紀)

磁州窯と宋のやきもの


〜「鉅鹿」発見100年〜
 
 磁州窯は河北省南部に位置し10世紀以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯。白化粧や黒釉の技法を基本に、独特の「搔落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、多種多彩で装飾性豊かな陶磁器を生み出している。
静嘉堂文庫所蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器を紹介します。あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示します。
 
会 場/静嘉堂文庫美術館(世田谷区岡本2-33-1)
時 間/10時~16時30分 ※入館は閉館30分前まで。
休館日/毎週月曜日(ただし2/24は開館)、2月25日(火)
観覧料/一般1000円/大・高生、障がい者手帳持参の方(同伴者1名含む)700円/中学生以下無料
 

読者プレゼント

「静嘉堂文庫美術館」入館券を5組10名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。締切は1月20日
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 静嘉堂文庫美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

いわさきちひろ《自画像》(30歳頃)1940年代後半 ちひろ美術館蔵

石内都展

〜都とちひろ ふたりの女の物語〜
 
 写真家 石内都といわさきちひろのコラボレーション展。写真を始めた28歳の時から、母の旧姓を作家名として名乗ってきた石内都。いわさきちひろが2歳しか違わない自分の母親「藤倉都」との重なりに気づき、石内の視点を通して、同じ時代の空気を吸って生きたふたりの女の物語を語ります。母の遺品や、ちひろの遺品を新たに撮り下ろしたシリーズなどを紹介します。
※11/30(土)15時、石内都と今年東大入学式で祝辞が話題となった上野千鶴子の対談も開催予定! 詳細は問合せを。
 
  場/ちひろ美術館(練馬区) 03-3995-0612     
  期/11月1日(金)~1月31日(金) 10:00~17:00
入場料/大人800円/高校生以下無料 月曜休館
    ※祝・休日は開館、翌平日休館
 

読者プレゼント

「ちひろ美術館」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 ちひろ美術館  
 
メールで申し込む
リンク矢印
   

白釉色絵人物文鉢」イラン 12〜13世紀 永青文庫蔵

古代中国・オリエントの美術

令和元年度早春展 財団設立70周年記念
〜国宝“細川ミラー”期間限定公開〜
 
 永青文庫の設立者・細川護立(細川家16代)は数多くの中国美術を蒐集。本展では“細川ミラー”の名で広く知られる国宝「金銀錯狩猟文鏡」をはじめとする古代中国の美術、オリエント美術、近代洋画など、中国・オリエントをテーマに多彩な作品を紹介します。永青文庫は武州路初のご紹介です。ぜひどうぞ!
 
  場/永青文庫  (文京区目白台1-1-1)
会 期/2月15日(土)~4月15日(水)
時 間/10:00~16:30 (入館は16時まで)
休館日/月曜日  ※ただし2/24は開館し翌日休館 
入館料/一般800円/シニア(70歳以上)600円/大高生400円/中学生以下無料
 

読者プレゼント

「永青文庫」入館券を 510名様にプレゼント。展名と武州路を読んでの感想等を記入して武州路までお申し込み下さい。
336-0936さいたま市緑区太田窪 3−2−1 月刊武州路 永青文庫  
 
メールで申し込む
リンク矢印