聖神社


聖神社にて


廣見寺山門


廣見寺


ほっとすぽっと秩父館


秩父神社


秩父神社はここで石を受ける


秩父今宮神社


今宮神社の茅の輪


西善寺


大渕寺


大陽寺


法性寺


法性寺


日野沢三滝の1つ、秩父華厳滝


日野沢三滝は、ここで石を受ける


宝登山神社


長瀞駅(駅の横に栗助がある)

秩父 願い石巡礼!!


 

秩父の石所を巡ろう!

秩父願い石巡礼をご存じだろうか。秩父ではもともと札所巡りが昔から盛んに行われているが、最近はそれに加えてこの「願い石巡礼」がブームになっている。
これは秩父にあるお寺や神社、その他のパワースポットを巡り、それぞれのパワーストーンをいただいてこようというもので、お寺や神社にちなんだ御利益が得られるのだ。
この願い石を受けられる場所は下に記した11カ所だ。神社が3カ所、お寺が5カ所、その他が3カ所となっている。
各所で受けられる石は500円。11カ所全部回ると5500円になるが、後でブレスレットに加工することが出来るように石には穴が空けられている。パワー全開のブレスレットを作ってみよう。
  ①第1石所➡聖神社(秩父市黒谷2191
  ②第2石所➡廣見寺(秩父市下宮地町25-29
  ③第3石所➡ほっとすぽっと秩父館(秩父市宮側町18-2
  ④第4石所➡秩父神社(秩父市番場町1-3
  ⑤第5石所➡秩父今宮神社(秩父市中町16-10
  ⑥第6石所➡西善寺(横瀬町横瀬598
  ⑦第7石所➡大渕寺(秩父市上影森411
  ⑧第8石所➡大陽寺(秩父市大滝459
  ⑨第9石所➡法性寺(小鹿野町般若2661
  ⑩第10石所➡日野沢三滝(皆野町上日野沢3311-1
  ⑪第11石所➡宝登山(長瀞町長瀞・宝登山神社など)
 

車での巡礼時間

①聖神社
    4.6km(約10分)
②廣見寺
    2.6km(約6分)
③ほっとすぽっと秩父館
    300m(約1分)
④秩父神社
    600m(約2分)
⑤秩父今宮神社
    4.7km(約12分)
⑥西善寺
    7.7km(約19分)
⑦大渕寺
    20.8km(約38分)
⑧大陽寺
    22.8km(約40分)
⑨法性寺
    19.2km(約35分)
⑩日野沢三滝(秩父華厳滝)
    9.7km(約17分)
⑪宝登山
 
■願い石➡1玉500円
■授与時間➡8時~17時
 

願い石の石所案内

①聖神社
 和銅遺跡にまつわる神社で、日本で初めて誕生した流通貨幣「和同開珎」が作られたことから「銭神様」としても著名な聖神社が第1石所だ。
 銭神様ということで御利益はもちろん金運や仕事運ということになる。宝くじを持ち込んで祈願してもらう人もいるそうだ。
願い石/虎目石(タイガーアイ)
所在地/秩父市黒谷2191
電話/0494(24)0347
交通/秩父鉄道黒谷駅下車徒歩5分。車の場合は国道140号線沿いで皆野から秩父へ向かって左側。
 
②廣見寺
 廣見寺は明徳2年(1391)に天光良産禅師によって開かれた秩父地方の曹洞宗最古の寺。天光良産禅師は、曹洞宗第三の本山といわれる岩手県奥州市にある正法寺二世 月泉良印禅師の弟子で、その縁によって正法寺 を本寺としているそうだ。とにかく大きく立派な寺だ。
 「勝負の菩薩」と崇められてきた妙見菩薩を鎮守としていることから出世や勝負運の御利益があると言われている。
 また裏山には四国八十八カ所の観音霊場を勧進した「遍照苑」もある。
願い石/紅玉髄(カーネリアン)
所在地/秩父市下宮地町25の29
電話/0494(22)4021
交通/秩父鉄道大野原駅から徒歩3分。車の場合は国道140号線で愛宕神社前交差点を過ぎ、埼西三菱自動車販売の先を左折。
 
③ほっとすぽっと秩父館
 ほっとすぽっと秩父館は明治時代初期の商人宿「秩父館」をみやのかわ商店街振興組合が借り受けて、昔の姿を残すように改装して交流や観光の拠点として活用しようと開設されたものだ。
 1階には大きないろりがあって、無料休憩所になっている。レンタルボックスを設置して、市民の方々が手芸品や陶芸品を展示販売するスペースもある。
 建物の中には強いパワーを発する井戸と金運・商売繁盛の御利益がある神棚がある。
願い石/鷲目石(イーグルアイ)
所在地/秩父市宮側町18の2
電話/0494(24)8856
交通/秩父鉄道秩父駅から徒歩3分。街中の国道299号線沿い。
 
④秩父神社
 秩父神社は第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされている。武蔵国が成立する以前から栄えた知知夫国の総鎮守という由緒ある神社だ。
 学問・起業・開運の五智役があり、「北辰の梟」からも強いパワーをもらえるそうだ。
 ここでは門の手前、一段下がった右側の建物で願い石を得られる。
願い石/方曹達石(ソーダライト)
所在地/秩父市番場町1の3
電話/0494(22)0262
交通/秩父鉄道秩父駅から徒歩3分。駅から左手方向に進むとすぐ。
 
⑤秩父今宮神社
 秩父今宮神社は日本有数の古社。信州諏訪の勢力が西暦100年前後に秩父に移住、この地に湧き出づる武甲山からの霊泉に「水神」を祀ったのが始まりといわれている。この秩父最古の霊泉の傍に観音菩薩の守護神である「八大龍王」が合祀されている。また、樹齢約千年と言われるご神木もある。
 恋人同士と言われる竜神と弁財天から恋愛運や良縁に御利益があると言う。
願い石/紅水晶(ローズクォーツ)
所在地/秩父市中町16の10
電話/0494(22)3386
交通/秩父鉄道御花畑駅下車徒歩5分。車の場合は秩父神社方面から向かうと、東京電力の交差点を右折。
 
⑥西善寺
 西善寺は鎌倉時代初期(1200年頃)に一人の旅の僧侶が武甲山の麓にお堂(根岸堂)を建立したことに始まる。札所8番でもある。
 恵心僧都作と伝えられている 十一面観世音菩薩は別名を持山観音と呼ばれており十一面観音としては珍しく坐像だ。これは秘仏で非公開だが、12年に1度 午歳に御開帳される。
 境内にあるコミデモミジは巨木で強い生命力を発している。また自分の悪いところと同じ場所をさすると治るという「なで仏」もある。健康と病気平癒に御利益があるそうだ。
願い石/瑠璃(ラピスラズリ)
所在地/横瀬町横瀬598
電話/0494(23)3413
交通/西武横瀬駅徒歩約25分。車の場合は国道299号線を飯能方面へ進み、「生川入口」交差点の先の交差点を右折する。
 
⑦大渕寺
 僧宝明が足の病に罹っていたところ、ここを訪れた弘法大師が自刻の観音像を僧宝明に与えたという。僧宝明はこの像を本尊としてこの寺を創建したと伝えられ、足の病も治ったという。
 そんなことから健康・長寿に御利益があるそうだ。札所27番でもあり、山の上に立つ白い観音様とともに、飲むと長生きできるという延命水も湧出している。
願い石/鷹目石(ホークアイ)
所在地/秩父市上影森411
電話/0494(22)5259
交通/秩父鉄道影森駅から徒歩10分。車の場合は秩父市街から国道140号線を大滝方面に走り、影森駅前交差点を過ぎたら、ウエルシア影森店前の路地を左折、踏切を渡る。
 
⑧大陽寺
 後嵯峨天皇の第三皇子として京の都に生を受けた仏国国師は朝廷を巻き込んだ政権争いを避けるかのように16歳の時に仏門に入り、この地にたどり着いたと伝えられている。
 「天空の寺」と言われるように、標高850㍍の場所にあり、今回の願い石巡礼の中では最も遠く、細い林道を登って行く必要がある。しかし縁結びのご神木や子宝石など恋人や家族との絆を深めてくれる御利益がある。座禅体験や宿坊での宿泊、精進料理などもある。
願い石/紫水晶(アメジスト)
所在地/秩父市大滝459
電話/0494(54)0296
交通/秩父鉄道三峰口駅からタクシーで約25分。車の場合は国道140号線を進み、三峰口駅入り口を過ぎてトンネルを出たら大血川渓谷方面に左折する。林道なので走行には注意緒。
 
⑨法性寺
 法性寺は、奈良時代、行基の開創と言われ、本尊聖観世音菩薩を刻したと伝えられている。また、弘法大師が大般若経六百巻を書上げたと伝えられ、この地が「般若」と言われるようになったそうだ。しかし、文献では鎌倉時代貞永元(1232)年眼応玄察和尚が曽祖開山と推察されている。奥の院には船の形をした巨岩に「お船観音」が座している。
願い石/緑瑪瑙(グリーンアゲート)
所在地/小鹿野町般若2661
電話/0494(75)3200
交通/西武秩父駅から小鹿野車庫・栗尾行西武バスで松井田下車徒歩約40分。車の場合は国道299号線から小鹿野町長留で県道43号線に入り、長若中学校を左に見ながら先に進む。
 
⑩日野沢三滝
 日野沢三滝とは、多くの観光客が訪れる「秩父華厳の滝」、「上空滝」、「不動滝」の3つの滝の総称だ。その中で最も行きやすくわかりやすいのは秩父華厳滝だろう。滝の入口には茶屋があり、駐車場も完備しているので車で行っても安心だ。また茶屋から秩父華厳滝まではすぐだ。願い石はこの茶屋で求められる。
願い石/白瑪瑙(ホワイトオニキス)
所在地/皆野町上日野沢3311の1(華厳滝茶屋)
電話/090(5334)3809(華厳滝茶屋)
交通/秩父鉄道皆野駅から皆野町営バス日野沢線「西立沢行き」で「秩父華厳前」下車。車の場合は満願の湯を目指し、その先になる。
 
⑪宝登山
 宝登山は長瀞町にある山で標高は約497㍍。山麓には宝登山神社があり、山頂にも奥の院がある。また宝登山ロープウェイもあって、山麓駅から山頂駅までの全長832㍍を約5分間で結んでいる。さらに宝登山頂駅付近には梅園、ロウバイ園や宝登山小動物公園などがある。 ここでは是非とも宝登山神社に参拝しよう。
 願い石は神社ではなく、長瀞駅横、踏切の手前にある和菓子の「栗助」で求めることが出来る。
願い石/黄水晶(シトリン)
所在地/長瀞町長瀞1828(宝登山神社)・長瀞町長瀞529(栗助)
電話/0494(66)2280(栗助)
交通/秩父鉄道長瀞駅横(栗助)・長瀞駅から徒歩約10分(宝登山神社)。車の場合は国道140号線で長瀞まで行く。
 
●ブレスレットを作ろう
 求めた願い石は別売りのキットを購入してブレスレットを作ることが出来る。キットに入っている水晶の石の数によってブレスレットのサイズが決まる。腕の太さによってキットは2セット以上必要かも知れない(キット1セット500円)。
 しかし作ってみるとゴムがうまく結べず難しかった。加工してくれる店があるので、作ってもらうのも良いだろう。
■店 名/SIBLING'S(シブリングス)
■所在地/長瀞町459
■電 話/090(6940)5230
■交 通/長瀞駅の踏切から岩たたみ方面
     へ向かい、約50m先の右側。
■時 間/11時~17時(毎週木曜定休)
■加工費/500円(シリコンゴム付)
 
 
※詳しい記事は本紙にてご覧下さい。
 
 
 

宝登山はここで石を受ける(栗助)

願い石で作ったブレスレット